お金を借りる時の流れ

MENU

お金を借りる時の流れ

お金を借りるまでの流れを知って、申し込みなどの流れをスムーズにし、より早く借りられる状態になりましょう。ローンの種類によって準備や手続きなどに少しずつ違いはありますが、大まかな流れを分かってそれに追加していくという考え方でよいでしょう。

 

お金を借りる時には、実際に金融機関に申し込みをする前にまず借り入れ計画を立てることをおすすめします。どんな目的をもってお金を借りたいと思っているのか、またいくらぐらい必要なのか、これを明確にしておきます。

 

ここからどのような金融機関を選ぶのか、どの種類のローンが良いのかを選ぶことになります。その後は申し込み、審査、契約を済ませて借り入れと進みます。審査はおおむねどのような審査でも何段階かにわけて行われます。簡単に借りられると言われているカードローンでも仮審査と本審査の二段階に分けて審査は行われます。

 

契約時までに書類を準備すればよいローンや、申し込みの時点で書類を提出する必要があるローンなどさまざまです。ローン選びをする時に、どのようになっているのかを確認しておき自分がどの方法を選べばよいのかを検討しましょう。

 

実際の借り入れはローンによって大きく違いがあります。カードローンならカード発行やネットの依頼によって自分で借り入れをすることになります。目的ローンでは、直接支払先に銀行などから振り込みを行うことで借り入れが完了されるものもあります。借り換えやおまとめローンでは、現在利用中のローンに申し込み者の名前で振り込まれるものが多くなります。

 

お金を借りるまでの流れには難しさはありません。しかし、審査の経過によって急遽追加で書類を提出することになる場合もあります。予定外のことが起こった時に対応できるようにしておくことは大切です。