誰かに借りてしまえば簡単?

MENU

誰かに借りてしまえば簡単?

お金が必要といっても、銀行や消費者金融でのローンは準備など手間もかかるし、借りられるかどうか不安、友達や親に借りてしまえば簡単だろう、と考えてしまっていないでしょうか。

 

誰かにお金を借りるのは、とっても簡単なことにように受け止めている方も多いのですが、決してそんなことはありません。お金を借りることによってその後の付き合いはなくなってしまうという覚悟も必要になるものなのです。

 

誰かに借り入れを頼んだ時点で、それまでの人間関係は変わってしまうかもしれません。親子や兄弟間といっても金額によってはそれが仲たがいの元となる可能性もあるのです。

 

「きちんと返せば問題にはならないのでは?」この考えを持っている方は、逆に絶対に誰かに借りることはしてはいけません。借りたお金であっても人間は一度手にしたお金は自分のお金だと認識してしまうものです。一旦自分のお金だと思ってしまったものを借りた相手に返す、ということになるとなぜかもったいない、惜しいと感じてしまうことがあるのです。

 

また一度借りてしまうと二度目は躊躇なく頼んでしまうということも多いのです。ためらいなく誰かのお金を借り、返す時にはなぜか惜しいと感じてしまう、この状況がトラブルの元にならないわけがありません。

 

誰かにお金を借りるということは絶対に避けるべきです。それまでの人間関係を大切にしたい、今後もずっと付き合っていきたいと考えている相手なら、お金を貸してほしいと口にするだけでその関係が崩れてしまうということを知っておくべきでしょう。金融機関での借り入れは、もちろん利息を支払う必要はありますがきちんと返済しようという意志を持ちやすく、また返済を続ける限りはトラブルが起こるということはありません。申し込みもしやすく、利用中も手間がかからないローンもたくさん登場しています。